EXHIBITIONS

高松市美術館開館30周年記念 

起点としての80年代

高松市美術館|11.02 - 12.15

日比野克彦 PRESENT AIRPLANE 1982 岐阜県美術館蔵

中原浩大 夢殿 2014-18(オリジナル1984) 作家蔵 撮影=中川達彦

杉山知子 the mid-night oasis 1983 作家蔵

 1970年代の禁欲的な絵画やコンセプチュアル・アートなどへの反発から「新表現主義」などが広まった80年代、そして続く90年代には、村上隆などに代表される日本のサブカルチャーに影響を受けた表現が注目を浴びた。

 こうした背景から、美術が参照されることはいまだ少ない80年代だが、インスタレーション、オルタナティブ・スペース、メディア・アートなどが生まれた充実した時代であり、現代美術という領域にとって重要な通過点だ。

 本展では、今日の視点から80年代の日本の美術を見つめ直し、「起点」となる作品を紹介。日比野克彦中原浩大大竹伸朗横尾忠則をはじめ、現在でも最前線で活躍する作家たちの、当時の表現に注目する。