ARTISTS

日比野克彦

Katsuhiko Hibino

1958年岐阜県出身。東京藝術大学美術学部デザイン科卒業後、同大学大学院修士課程を修了。大学在学中よりダンボールを使った作品で注目を浴びる。修了後間もない86年にシドニー・ビエンナーレに参加。95年にはヴェネチア・ビエンナーレに参加し、顔が描かれていない赤ん坊《AURO》をはじめ、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件を経た日本社会を反映した作品を出品した。近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを多く行っている。主な個展に「HIBINO DATA ON OUR TIMES ある時代の資料としての作品たち」展(いわき市立美術館など5会場、2001-02)、「HIBINO EXPO 2005日比野克彦の一人万博」(水戸芸術館)、「日比野克彦HIGO BY HIBINO」(熊本市現代美術館、2007-08)など。キュレーションでも幅広く活動し、2013・14年の「六本木アートナイト」でアーティスティック・ディレクターを務めたほか、2020年に向けたリーディング・プロジェクト「TURN」の監修を行っている。