EXHIBITIONS

日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画

中国近代絵画の巨匠 斉白石

東京国立博物館 東洋館8室|10.29 - 12.24

書斎の斉白石

斉白石 菊花群鶏図 北京画院蔵 後期(11月27日-12月25日)展示

斉白石 工虫画冊(第一図) 1949 北京画院蔵 前期(10月30日-11月25日)展示

斉白石 借山図(第三図) 1910 北京画院蔵 前期(10月30日-11月25日)展示

斉白石 清平福来図 北京画院蔵 後期(11月27日-12月25日)展示

 日中平和友好条約締結から40周年を記念し、中国近代絵画の巨匠・斉白石(せい・はくせき)を紹介する展覧会が開催される。

 斉白石は「人民芸術家」の称号を与えられた、現代中国でもっとも有名かつ人気のある画家のひとり。湖南省湘潭(しょうたん)の貧家に生まれ、はじめは大工・指物師として生計を立てた白石は、後に画譜や古画を熱心に学んで写生に励み、やがて北京に出ると画家として大成した。

 白石の書は、明るく華やかな彩色、簡潔で力強い筆線、自由自在な墨の広がりが特徴。人物や山水、花鳥など幅広い主題を選んだ。また、書家・篆刻家としても高く評価されている。

 本展では、中国でもっとも古く大規模な美術アカデミー「北京画院」の所蔵品から選りすぐった優品を展示。中国が誇りとする画家の人物像と魅力に迫る。