AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

乙女デザイン

大正イマジュリィの世界

2018.10.13 - 11.25

竹久夢二 涼しき装ひ 『三越』15巻第6号挿画 大正14年

小林かいち 二号街の女 絵はがき 大正14-15年頃

廣告界發行所編『商店圖案撰集』より 1928

 竹久夢二や高畠華宵など、大正期に人気を集めた、「かわいい」商業デザインやイラストレーションを紹介する展覧会が開催される。

 複製技術の発達によって美術が身近になり、同時代の様々なデザインを手に取って楽しむことができるようになった大正時代。アール・ヌーヴォー様式で知られる橋口五葉や、アール・デコ様式の杉浦非水、少女趣味の世界を創造した竹久夢二など、それぞれの作品は、懐かしくも新鮮なデザインで現代の人々を魅了している。

 本展は、装幀(ブックデザイン)、挿絵、ポスター、絵はがき、広告、漫画などの大衆的な複製としての印刷・版画を、「イメージ図像」を意味するフランス語の「イマジュリィ」と総称。大正時代のポップ・カルチャーの旗手となった、竹久夢二、藤島武二、橋口五葉、杉浦非水、坂本繁二郎、岸田劉生、高畠華宵、橘小夢、小林かいちなどのイマジュリィが一堂に会す。