AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真

安井仲治 馬と少女 1940年 個人蔵(兵庫県立美術館寄託)

 東京ステーションギャラリーで「生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真」が開催される。

 大正・昭和戦前期の日本の写真は、アマチュア写真家たちの旺盛な探求によって豊かな芸術表現として成熟していった。この時期を牽引した写真家の代表格が安井仲治だ。安井は38歳で病没するまでの約20年という短い写歴のあいだに、驚くほど多彩な仕事を発表。その作品は同時代の写真家をはじめ、土門拳や森山大道など後世に活躍した写真家たちからも掛け値なしの称賛を得ている。

 本展は200点以上の出展作品を通じて安井の全貌を回顧するもの。戦災を免れたヴィンテージプリント約140点、ネガやコンタクトプリントの調査にもとづいて制作されたモダンプリント約60点のほか、様々な資料を展示することで、安井の活動を実証的に跡づけ、写真の可能性を切りひらいた偉大な作家の仕事を現代によみがえらせる。