AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

ダニエル・ブラッシュ展 モネをめぐる金工芸

2024.01.19 - 04.15
 21_21 DESIGN SIGHTで「ダニエル・ブラッシュ展 モネをめぐる金工芸」が開催されている。

 ダニエル・ブラッシュ(1947年~2022年)は、カーネギー工科大学の美術学校卒業後、ジョージタウン大学で教授として芸術哲学を教える。78年に妻オリヴィアとニューヨークに移り創作に集中する生活を始めてからは、自身の無数のアンティーク旋盤とギヨシェ彫り機のコレクションに囲まれながら絵画、金工、ジュエリーなど様々な活動を続ける。2022年にイサム・ノグチ賞受賞。

「アルミニウム、スチール、ゴールド、絵画」と題した第1章では、ジュエリーから芸術作品、オブジェまで、ブラッシュの幅広い作品のなかに見られる、伝統的な芸術のカテゴリーを超えた多様な素材や表現方法を紹介する。第2章では、ブラッシュの連作「モネについて考える」 にハイライトを当て、素材の特性を活かして卓越した極めて優美なオブジェを生み出すブラッシュの作品を探る。