AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

リラ・デ・マガリャエス & 土屋麗 2人展 「Comfortable hole, bye」

2023.07.01 - 08.06

メインビジュアル

リラ・デ・マガリャエス Interior (Canʼt find the sun switch) 2022 Courtesy of the artist and Deli gallery, New York, Mexico City

土屋麗 Shipwreck 2022

 parcelで、リラ・デ・マガリャエスと土屋麗による2人展 「Comfortable hole, bye」が開催される。

 マガリャエスはロサンゼルスを拠点としながら、繊細な刺繍表現を使ったテキスタイルの絵画作品を中心に、陶芸、ウール、ビデオなどを制作。マガリャエスは、さまざまな情報源から独自の絵画的言語を引き出し、遊び心に富んだ、官能的で光学的な作品を制作している。

 土屋はスコットランド・グラスゴーを拠点に、明快なモチーフを用いたユーモアラスな陶芸作品やビデオ、パフォーマンス作品など精力的に発表している。土屋とマガリャエスは、グラスゴーのアートスクールで親交を深め、昨年メキシコのレジデンスで再会。2人にとって念願であった初となる2人展となる。

 活動拠点や手法、作風は異なるが、「色気のある歓喜」と形容されるように、それぞれの作品には生への歓喜、欲望、ファンタジックな遊び心が現れている。