AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

サイモン・フジワラ「Who the Bær」

プラダ 青山店 5階
2022.10.15 - 2023.01.30

サイモン・フジワラ Who’s in Japan?(Prada Aoyama) 2022 Courtesy of the artist

サイモン・フジワラ Book of Who?(An Introduction) 2022 Courtesy of the artist

サイモン・フジワラ Who’s Only Whoman? 2021 Image courtesy: Jörg von Bruchhausen

 サイモン・フジワラによる展覧会「Who the Bær」が、プラダ 青山店で開催される。

 サイモン・フジワラは1982年ロンドン生まれ、ベルリン在住。観光地や歴史的な象徴、名声、娯楽のなかに学びを含ませるエデュテインメント、そして新資本主義を下支えする人間の欲求を個人的視点から考察しながら制作を行う。魅力的ないっぽうで多くの問題を孕んだテーマにおいて、人間が消費する文化の空想と現実味を同時に追及するパラドックスを明らかにしようとしている。

 本展「Who the Bær」では、2021年にミラノのプラダ財団で初披露されたフジワラの展示を特別に新しく構成した作品が、ヘルツォーク&ド・ムーロン設計によるプラダ 青山店に登場する。

 クマを思わせる「Who the Bær」は、おとぎ話や空想文学、アニメ、テーマパークの世界観からインスピレーションを得て、フジワラが生み出したマンガのキャラクターだ。2020年の新型コロナウイルス感染症による最初のロックダウンの際に、「超資本主義的なエンターテインメント文化によってますますナンセンスになっていく世界に対しての、率直なダダ的反応」として制作されたこのキャラクターは、人格や性格、特定のアイデンティティもジェンダーもセクシュアリティもなく、そして明確なデザインさえ、まだないという。

 フジワラは「Who the Bær」の成長の物語を通じ、気候危機から文化盗用、美容整形からポップ・アートまで様々な分野にわたる数々のテーマを取り上げ、「映え」や自己表現、「本当の自分らしさ」の探求に取りつかれた、現代社会を映し出す歪んだ鏡として表現している。

 東京展では、新しいイラストやコラージュ、彫刻、アニメーションが登場し、「Who the Bær」の永遠に続く自分らしさを探す旅を紹介していく。展示会場はパステルカラーのカーペットが敷き詰められた複数のエリアに分かれ、Whoの様々な側面を探究し、その混沌とした旅をたどる。