AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

ヴァロットン―黒と白

2022.10.29 - 2023.01.29
 19世紀末のパリで活躍したナビ派の画家フェリックス・ヴァロットン(1865〜1925)。その展覧会「ヴァロットン―黒と白」が、三菱一号館美術館で開催される。

 1865年、ローザンヌに生まれたヴァロットンは、82年に16歳の若さでパリに出てアカデミー・ジュリアンで学び、サロンに肖像画などを発表。当初はドライポイントやエッチングにより、身近な家族や知人、敬愛する過去の巨匠の模写を行った。

 91年には、友人で師でもあった画家シャルル・モランらからの手解きを受けて自身初の木版画に着手。芸術家による創作版画(エスタンプ・オリジナル)の機運が高まるなか、独特の視点と多様な表現、卓越したデザインセンスにより制作されたヴァロットンの木版画は、フランスのみならずヨーロッパ中で紹介されるようになり、複製のための版画ではない、木版画復興の立役者のひとりとなった。

 本展では、世界有数のヴァロットン版画コレクションを誇る三菱一号館美術館の所蔵作品から約180点を一挙初公開。希少性の高い連作「アンティミテ」「楽器」「万国博覧会」「これが戦争だ!」などが勢揃いする。

 黒一色の革新的な木版画で名声を得たヴァロットン。本展は、黒と白のみでつくり出された世界に焦点を当て、知られざるヴァロットンの魅力に迫る。

 また、同館と2009年より姉妹館提携を行うトゥールーズ=ロートレック美術館の開館100周年を記念した特別展示も見どころのひとつ。新たな試みとしてロートレック美術館の所蔵作品と、ヴァロットン作品を比較する。