ARTISTS

金氏徹平

Teppei Kaneuji

 金氏徹平は1978年京都府生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。同大大学院美術研究科彫刻専攻修了。フィギュアや雑貨、あるいは日用品など、日常的なイメージを持つオブジェクトをコラージュした立体作品やインスタレーションなどで知られる。2011年以降は舞台美術も手がけており、17年の「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」では青柳いづみ、contact Gonzoなどが参加した『tower(THEATER)』でオープニングアクトを飾った。これまでの主な個展に「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」(横浜美術館、2009)、「Towering Something」(ユーレンス現代美術センター、北京、2013)、「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、香川、2016)など。13年に平成24年度京都市芸術新人賞を受賞。