×
NEWS / EXHIBITION - 2018.3.21

イサム・ノグチ作の石庭が舞台。
ケリス・ウィン・エヴァンスが大規模インスタレーションを発表

タカ・イシイギャラリーが、東京・赤坂の草月会館にあるイサム・ノグチ作の石庭「天国」を舞台に、イギリスのアーティスト ケリス・ウィン・エヴァンスの個展を開催する。会期は4月13日〜25日。

ケリス・ウィン・エヴァンス S=U=P=E=R=S=T=R=U=C=T=U=R=E('Trace me back to some loud, shallow, chill, underlying motive’s overspill…') 2010 Courtesy of the artist, Taka Ishii Gallery, Tokyo and White Cube, London

 ケリス・ウィン・エヴァンスは1958年ウェールズ生まれ。現在はロンドンを拠点に活動している。過去の日本での展示には、2008年「横浜トリエンナーレ」、2009年「万華鏡の視覚:ティッセン・ボルネミッサ現代 美術財団コレクションより」(森美術館、東京)、2010年「あいちトリエンナーレ」(名古屋)などがある。

 ネオンを用いたテキスト作品に代表される、文学、映画、美術、天文、物理など幅広い分野における先人達の先駆的な試みを引用した作品で知られるウィン・エヴァンス。近年は日本の「能」に大きな関心を寄せ、能楽師の所作を示した図を引用した大型ネオン作品《Forms in Space … by Light(in Time)》(2017)などを発表している。

ケリス・ウィン・エヴァンス Forms in Space … by Light(in Time) 2017 Photo by Joe Humphreys Courtesy Tate Photography

 日本での過去最大規模の個展となる本展の舞台は、東京・赤坂の草月会館内にあるイサム・ノグチ作の石庭「天国」。ウィン・エヴァンスはここに、床面から天井まで達する3本の光の柱と、能舞台に倣った松の木を配する。作品を展示する空間やその空間の運営主体である組織のありようも作品の一部という考えのもと制作を行ってきたウィン・エヴァンスと、イサム・ノグチがつくりあげた空間とのコラボレーションに注目だ。

information

ケリス・ウィン・エヴァンス展

会期:2018年4月13日〜25日
会場:草月会館 1F 草月プラザ 石庭「天国」
住所:東京都港区赤坂7-2-21
電話番号:03-6434-7010
開館時間:10:00〜17:00
休館日:日、月

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします