×
NEWS / EXHIBITION - 2018.1.4

磯崎新と倉俣史朗がコラボレーション。「つくばセンタービル」をテーマにした展覧会が開催

筑波研究学園都市の中核をなす施設「つくばセンタービル」に焦点を当てた展覧会が、ときの忘れもの(東京・駒込)で開催。ビルを設計した磯崎新の版画作品や、ビル内のホテルのために倉俣史朗がデザインした家具などが展示される。会期は2018年1月9日〜27日。

磯崎新 TSUKUBA III 1985 シルクスクリーン

 1983年に竣工した「つくばセンタービル」は、建築家・磯崎新の代表作のひとつ。ホテル、コンサートホール、商店街、広場などからなる複合施設で、筑波研究学園都市の中核をなしている。

 その中にはかつて「筑波第一ホテル」が入っており、客室の内装はインテリアデザイナーの倉俣史朗が担当していた。しかし、90年代のバブル経済の崩壊により、ホテルの運営会社が倒産。その後、別の企業によって経営が続けられているものの、客室やカフェには大規模な改修が施され、倉俣がこのホテルのためにデザインした貴重なインテリアはほとんどが失われてしまった。

倉俣史朗 鏡(黒) 1983

 「Arata ISOZAKI × Shiro KURAMATA: In the ruins」と題された本展は、この「つくばセンタービル」に焦点を当てる展覧会。ライティングデスクや鏡といった、改修に伴う廃棄を免れた倉俣デザインの希少な家具や、磯崎が「つくばセンタービル」のコンセプトを表現した版画作品「TSUKUBA」シリーズなどが出品される。

 そのほか、倉俣のアクリルオブジェや磯崎デザインの椅子などもあわせて展示。日本のポストモダンムーブメントを牽引した2人のコラボレーションを、ギャラリーで再び見ることができる。

磯崎新 椅子(福岡相互銀行大分支店貴賓室用特注) 1967
倉俣史朗 Sealing of rose (a sample material for Miss Blanche chair) ミクストメディア

information

Arata ISOZAKI × Shiro KURAMATA: In the ruins

会期:2018年1月9日〜27日
会場:ときの忘れもの
住所:東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
電話番号:03-6902-9530
開廊時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします