AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2022.12.10

見えない存在や抑圧の「声」に耳を傾ける。「百瀬文 口を寄せる」展が問うコミュニケーションのあり方とは

展示風景より

展示風景より、《声優のためのエチュード》(2022)

展示風景より、《Social Dance》(2019)

展示風景より、《定点観測(父の場合)》(2013〜14)

展示風景より、《定点観測(父の場合)》(2013〜14)

展示風景より、《Here》(2016)

展示風景より、《The Examination》(2014)

展示風景より、《Interpreter》(2022)

百瀬文による作品解説

前へ
次へ
6 / 9
前へ
次へ
編集部