AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2021.11.23

70代で描き始めたアメリカの国民的画家。「グランマ・モーゼス展」に見るその人生

展示風景より、グランマ・モーゼス《シュガリング・オフ》(1955)

展示風景より

第1章展示風景より、グランマ・モーゼス《丘の上のネボ山農場》(1940)

第1章展示風景より、、グランマ・モーゼス《フージック・フォールズ、ニューヨークⅡ》(1944)

第1章展示風景より、「一農婦の描いたもの」展に出品された《グリニッチへの道》(1940)

第1章展示風景より、巡回展では世田谷美術館のみオットー・カリアーとグランマ・モーゼスの関係にフォーカスした資料も展示されている

第1章展示風景より、ベストセラーとなった書籍『私の人生』と、《グランマ生誕の地》(1959)

第1章展示風景より、アメリカ国外初公開となったグランマ・モーゼスの作業テーブル

第2章展示風景より

第2章展示風景より、《村の結婚式》(1951)

第2章展示風景より、グランマ・モーゼスが使用していたキルトと《キルティング・ビー》(1950)

第2章展示風景より、グランマ・モーゼスが孫のためにつくったワンピース

第3章展示風景より

第3章展示風景より、《クリスマス・ツリーを探しに》(1946)

第3章展示風景より、グランマ・モーゼスのクリスマス・カードセットなど

第4章展示風景より

第4章展示風景より、グランマ・モーゼス《美しき世界》(1948)

第4章展示風景より、グランマ・モーゼス《虹》(1961)

第4章展示風景より、『少年少女のためのグランマ・モーゼス・ストーリーブック』(1961)

前へ
次へ
1 / 19
前へ
次へ
編集部