AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2021.9.4

50代からひたすらに絵を描いたひと。塔本シスコの人生を振り返る初の大規模回顧展

展示風景より、中央は《ふるさとの海》(1992)

 

展示風景より、中央は《夕食後》(1967)

展示風景より

展示風景より、《ネコ岳ミヤマキリシマ》(1989)

展示風景より、《秋の庭》(1993)

展示風景より

展示風景より

展示風景より

展示風景より、しゃもじに描かれた《太陽/鳥居》(制作年不詳)

展示風景より、ガラス瓶に描かれた《モチつきをするウサギとススキ》(1998)、《丸山明宏ともちつきをするウサギ》(1999)

展示風景より

展示風景より、着物に描かれた《あげはちょう》(1994頃)

展示風景より、《山田池の春 シスコとハト》(1999)

前へ
次へ
9 / 14
前へ
次へ
編集部