AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2021.4.24

昭和の「キャバレー王」のコレクションが一堂に。東京ステーションギャラリーで「コレクター 福富太郎の眼」開幕

展示風景より、左は北野恒富《道行》(1913頃)

展示風景より、左から鏑木清方《薄雪》(1917)、《刺青の女》(1913)

展示風景より、左は鏑木清方《妖魚》(1920)

展示風景より、伊東深水《戸外は春雨》(1955)

展示風景より、左から鰭崎英朋《生さぬ仲》(1914)、尾竹竹坡《ゆたかなる国土》(1916)

展示風景より、左から梶田半古《天宇受売命》(1897頃)、池田蕉園《秋苑》(1904)、松本華羊《殉教(伴天連お春)》(1916頃)

展示風景より、右は満谷国四郎《軍人の妻》(1904)

展示風景より

展示風景より

前へ
次へ
3 / 9
前へ
次へ
編集部