2021.2.20

身近な風景を描き続けた画家。コンスタブル35年ぶりの大回顧展が三菱一号館美術館で開幕

19世紀イギリスにおいて風景画を刷新し、その評価を引き上げたことで知られるイギリスの画家、ジョン・コンスタブル。その画業を同時代の画家たちの作品とともに紹介する大規模な回顧展「テート美術館所蔵 コンスタブル展」が三菱一号館美術館でスタート。本展の見どころをレポートでお届けする。

展示風景より、左は《フラットフォードの製粉所(航行可能な川の情景)》(1816-17)
前へ
次へ