AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2019.8.10

現代美術+モネ、セザンヌ、マグリット。ポーラ美術館「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」が奏でる多彩な和音

会場風景より、セレスト・ブルシエ=ムジュノ 《クリナメン v.7》 (2019)(c)Céleste Boursier-Mougenot

会場風景より、クロード・モネ《睡蓮》(1907)

会場風景より、右から石塚元太良《Gold Rush Alaska #003》(2019)、ポール・セザンヌ《静物》(1888-90頃)

会場風景より、プリンツ・ゴラム《写真について語るならば》(2019)(c)Prinz Gholam

会場風景より、左はポーラ文化研究所所蔵の扇

会場風景より (c)Wolfgang Tillmans

会場風景より、右からエドゥアール・マネ《サラマンカの学生たち》(1860)、ウォルフガング・ティルマンス《草》(2014)(c)Wolfgang Tillmans

会場風景より、右からピエール・ボナール《ミモザのある階段》(1946頃)、横溝静《永遠に、そしてふたたび》(2003)(c)Shizuka Yokomizo

会場風景より、手前が磯谷博史《カップル》(2004-11)

会場風景より、磯谷博史の写真シリーズ

会場風景より、渡辺豊の作品とセザンヌ《アントニー・ヴァララブレーグの肖像》(1874-75頃)、パブロ・ピカソ《男の鏡像》(1909)

会場風景より、アリシア・クワデ《まなざしの間に》(2018)

会場風景より、アブデルカデル・バンシャンマ 《ボディ・オブ・ゴースト》 (2019)、ギュスターヴ・クールベ 《岩のある風景》

会場風景より、オリヴァー・ビア《悪魔たち》(2017)(c)Oliver Beer

展示風景より、スーザン・フィリップス《ウインド・ウッド》(2019)

プリンツ・ゴラムによるパフォーマンスの様子

前へ
次へ
16 / 16
前へ
次へ
編集部