AdvertisementAdvertisement
NEWS / REPORT - 2019.4.22

過去最大のクリムト展がついに開幕。東京都美術館の「クリムト展 ウィーンと日本 1900」でクリムトの人生を見る

展示風景より、グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ(原寸大複製)》(1984)の一部

展示風景より、左からモーリッツ・ネーア《猫を抱くグスタフ・クリムト、ヨーゼフシュテッター通り21番地のアトリエ前にて》(1911)、グスタフ・クリフトの写真(1887頃)

展示風景より

展示風景より、グスタフ・クリムト《ヘレーネ・クリムトの肖像》(1898)

展示風景より、左からグスタフ・クリムト《レース襟をつけた少女の肖像》(1880)、フランツ・マッチュ《レース襟をつけた少女の肖像》(1880)

展示風景より、左からグスタフ・クリムト《女ともだちⅠ(姉妹たち)》(1907)、第6回ウィーン分離派国際展ポスター(1900)

展示風景より、手前がグスタフ・クリムト《第1回ウィーン分離派のポスター(検閲前)》(1898)

展示風景より、グスタフ・クリムト《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》(1899)

展示風景より、グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》(1901)

展示風景より、グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ(原寸大複製)》(1984)

展示風景より、グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ(原寸大複製)》(1984)

展示風景より、手前がグスタフ・クリムト《丘の見える庭の風景》(1916)

展示風景より、グスタフ・クリムト《オイゲニア・プリマフェージの肖像》(1913 / 14)

展示風景より、グスタフ・クリムト《女の三世代》(1905)

展示風景より

前へ
次へ
5 / 15
前へ
次へ
編集部