AdvertisementAdvertisement
NEWS / PROMOTION - 2022.3.18

25周年を迎えた文化庁メディア芸術祭。企画展「AUDIBLE SENSES」で音をテーマにした歴代受賞作が集結

展示風景より、坂本龍一/真鍋大度《センシング・ストリームズ 2022 - 不可視、不可聴》

「AUDIBEL SENSES」会場エントランス

展示風景より、「文化庁メディア芸術祭」の歴代受賞作品パネル

展示風景より、「文化庁メディア芸術祭」の歴代受賞作品パネル

展示風景より、plaplax《KAGE-table》

展示風景より、plaplax《KAGE-table》

展示風景より、成瀬つばさ《リズムシ》

展示風景より、成瀬つばさの作品群

展示風景より、和田永《時折織成 -Weaving Records-》

展示風景より、佐々木有美+ドリタ《Bug's Beat》

展示風景より、佐々木有美+ドリタ《Bug's Beat》

展示風景より、Marc FLURY / Brian GIBSON《Thumper》

展示風景より、Jesse RINGROSE / Jason ENNIS《Dark Echo》

展示風景より、坂本龍一/真鍋大度《センシング・ストリームズ 2022 - 不可視、不可聴》

展示風景より、坂本龍一/真鍋大度《センシング・ストリームズ 2022 - 不可視、不可聴》

展示風景より、橋本麦《Niu》

展示風景より、「メディア芸術クリエイター育成支援事業」の紹介

anno lab(代表:藤岡定)/西岡美紀/小島佳子/的場寛/堀尾寛太/新美太基/中村優一《太陽と月の部屋》

山内祥太《あつまるな!やまひょうと森》 ©︎ Shota Yamauchi Photo by Keizo Kioku

田中浩也研究室+METACITY(代表:青木 竜太)《Bio Sculpture》

前へ
次へ
9 / 20
前へ
次へ
編集部