AdvertisementAdvertisement
2022.3.9

「1_WALL」が第25回で終了。新たなコンペティションとして進化へ

2009年より開催されてきたコンペティション「1_WALL」が、第25回となる今回の募集をもって終了する。今後は新たなコンペティションに生まれ変わる予定。

「1_WALL」ロゴマーク

  2009年より「新しい表現を追求し続ける若い才能を発掘すること」を目的としたコンペティションとして続いてきた「1_WALL」が、第25回となる今回の募集をもって終了。新たなコンペティションに姿を変えることが発表された。

 「1_WALL」は「新しい表現を追求し続ける若い才能を発掘すること」を目的としたコンペティションで、2009年に開始。「グラフィック」と「写真」 の2つの部門で、各24回のコンペティションを開催してきた。これまでに270名の「1_WALL」ファイナリストが展示を行い、グランプリ受賞者として、46名が「1_WALL」グランプリ受賞者個展を開催するなど、若手アーティストに表現の機会を提供している。

 最後の募集となる第25回は、グラフィック部門が3月28日から、写真部門が6月6日から募集を開始する。ガーディアン・ガーデンのウェブサイトで作品応募を受け付けており、ファイナリスト5名による「1_WALL」展の開催は、グラフィック部門が6月28日〜7月23日、写真部門が8月23日〜9月17日を予定している。

 今後は、これまでの「1_WALL」のフラットでオープンな審査・講評と、個展開催機会の提供という取り組みはそのままに、より幅広い表現に対して支援するコンペティションへ進化する予定だという。