2021.3.26

国宝《油滴天目 茶碗》もダウンロード可能。大阪市立東洋陶磁美術館が収蔵品画像のオープンデータを公開

大阪市立東洋陶磁美術館は、同館が所蔵する国宝2件、重要文化財13件を含む23件の作品画像を自由に取得・利用できるウェブサイト「大阪市立東洋陶磁美術館収蔵品画像オープンデータ」を公開した。

国宝 油滴天目 茶碗 大阪市立東洋陶磁美術館蔵
前へ
次へ

 住友グループ21社から大阪市に寄贈された「安宅コレクション」などを所蔵する大阪市立東洋陶磁美術館が、同館所蔵の23件の作品画像を自由に取得・利用できるウェブサイト「大阪市立東洋陶磁美術館収蔵品画像オープンデータ」を公開した。

 1982年に開館した大阪市立東洋陶磁美術館は、東洋陶磁を専門とする美術館として知られる。今回、同館が公開したオープンデータには、《飛青磁 花生》と《油滴天目 茶碗》の国宝2件に加え、重要文化財13件を含む23件がラインナップ。利用者は「利用規約」にのっとることで、同館への申請なしに自由にダウンロード、複製、再配布することができる。また目的も営利・非営利を問わない。

 同館によると、今回オープンデータ化された画像は豊富な階調や色彩の表現が可能な撮影機材により新たに撮影された高精細・高解像度のデータ。イメージビューアによって肉眼では確認できないレベルまでズームが可能となっている。

イメージビューア

 こうした所蔵作品のオープンデータ公開は海外が先行しており、メトロポリタン美術館シカゴ美術館スミソニアン博物館などが膨大なデータを公開。日本においてには、愛知県美術館などが取り組みを行っている。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。