NEWS / HEADLINE - 2017.3.3

年額120万円をU25学生クリエイターに。クマ財団が「クリエイター奨学金」1期生を募集中

公益財団法人クマ財団が、次代を担う学生クリエイターの活動を支援・育成することを目的とした「クリエイター奨学金」の第1期生のエントリーを受付けている。

 公益財団法人クマ財団は、株式会社コロプラの創立者である馬場功淳が、次代を担う若きクリエイターの活動を支援・育成することを目的として、2016年3月30日に設立。

 学生クリエイターを対象に、勉強会や交流会、プロによる批評会といったインプット機会の提供や、制作した作品の展示会など発表の場の提供、クリエイターとしての起業・独立支援などあらゆる側面から創作活動を積極的に支援している。

 本財団の主軸である学生クリエイターを対象にした「クリエイター奨学金」では、選抜された50名に対して月額10万円(年額120万円)を給付。また奨学金のみならず、奨学金の給付開始から、最終の成果発表まで、独自のカリキュラムを通じて創作活動を総合的にサポートする。

 対象は、2017年4月1日現在で25歳以下の技術者、またはアーティストの学生クリエイター。応募締切は、2017年3月6日(前期)と5月15日(後期)。応募には、願書と作品提出が必要となる。エントリーと詳細は同財団ウェブサイトを参照。