NEWS / HEADLINE - 2020.6.29

チームラボプラネッツ TOKYO DMMに新たなパブリック・アートが登場。会期も2022年末まで延長

東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」で、新たなパブリック・アート《空から降り注ぐ憑依する滝》が7月16日から公開。また、2020年秋までとしていた会期も2022年末まで延長される。

チームラボ 空から降り注ぐ憑依する滝 2020
前へ
次へ

 「水に入るミュージアム」として知られる東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」。現在、入館人数の制限(日時指定・事前予約制)などの感染症対策を講じたうえでオープンしている。

 ここに、7月16日から新たなパブリック・アート《空から降り注ぐ憑依する滝》が登場する。

 同作は、デジタルテクノロジーを用いたアート作品としては他に類を見ない大きさ。チームラボが考える「超主観空間」によって平面化した滝が描かれ、水の流れは人の振る舞いに影響を受けながら変化し続ける。開放感のある屋外で、入館の有無に関わらず誰でも鑑賞可能となっている。

チームラボ 空から降り注ぐ憑依する滝 2020

 また、来場者が裸足で水のなかを歩く作品《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング-Infinity》は、7月16日から8月2日の期間限定で夏の装いに。水面を泳ぐ鯉たちが人々にぶつかると、ヒマワリに変化して散っていく様子が見られるという。

 なお同館は、当初2020年秋までの期間限定オープンを予定していたが、会期を2022年末まで延長することが決定した。

チームラボ 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング 2016-2018 Sound by Hideaki Takahashi
チームラボ 人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング 2016-2018 Sound by Hideaki Takahashi
チームラボ 意思を持ち変容する空間、広がる立体的存在 - 平面化する3色と曖昧な9色、自由浮遊
Sound by Hideaki Takahashi