NEWS / HEADLINE - 2018.10.25

ゴッホ、スーラ、モネ! シカゴ美術館所蔵の4万点の作品画像がダウンロード可能に

シカゴ美術館は同館が所蔵する作品のうち、4万4313点の作品画像を無料で一般利用可能にした。ユーザーは著作権による利益を放棄する「CC0(クリエイティブ・コモンズ・ゼロ)」表記がされているものを自由にダウンロードすることができる。

今回一般解放されたうちのひとつであるフィンセント・ファン・ゴッホ《ファンゴッホの寝室》(1889) Courtesy of the Art Institute of Chicago.

今回一般解放されたうちのひとつであるフィンセント・ファン・ゴッホ《ファンゴッホの寝室》(1889) Courtesy of the Art Institute of Chicago.

 2017年2月、アメリカを代表する美術館のひとつであるメトロポリタン美術館が同館所蔵作品のうち、37万5000点以上の作品画像を無料で一般利用可能にしたことは大きな話題となった。

 この流れの最先端として、いまもっとも注目を集めているのがシカゴ美術館だ。

シカゴ美術館外観 Courtesy of the Art Institute of Chicago.

 シカゴ美術館は、メトロポリタン美術館同様、パブリック・ドメインとなっている作品画像を解放。ユーザーは「CC0(クリエイティブ・コモンズ・ゼロ)」表記がされている作品を自由にダウンロードできるようになった。

クロード・モネ 睡蓮 1906 Courtesy of the Art Institute of Chicago.

 シカゴ美術館が無料開放したのは、4万4313点におよぶ作品。そのなかには、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作のひとつである《ファンゴッホの寝室》をはじめ、ジョルジュ・スーラの《グランド・ジャット島の日曜日の午後》、あるいはクロード・モネの《睡蓮》などが含まれている。作品は超高解像度で公開されており、ズームして、細部まで鑑賞することが可能となっているのもポイントのひとつだ。

 今回の無料開放は、同館のウェブサイトリニューアルにともなって実施されたもので、メトロポリタン美術館がそうであったように、より多くのユーザーがシカゴ美術館のサイトにアクセスすることが予想される。

シカゴ美術館のウェブサイトより