NEWS / EXHIBITION - 2017.5.13

普段使いの器からオブジェまで。
和田山真央の陶芸の世界

大阪を拠点に活動する陶芸家・和田山真央の個展が、六本木ヒルズ内のROPPONGI HILLS A/D GALLERYで開催されている。会期は5月21日まで。

和田山真央 藍流し鉢

和田山真央 藍流し鉢

 和田山真央(まさひろ)は1985年大阪府生まれ。アメリカの大学在学中に陶芸に目覚め、2009年の帰国と同時に本格的な制作活動を開始し、現在は大阪を拠点に活動。ニュージーランド、アメリカ、イギリスなどを含む国内外で多数の個展を開催している。

 和田山の作品は、様々な釉薬を駆使した自由な色使いや、柔らかなかたちが特徴。本展では、普段使いの器からオブジェまでを、ギャラリーの空間全体を使ったインスタレーション形式で展示する。