2022.6.3

北陸工芸の祭典「GO FOR KOGEI 2022」が今年も開催。「つくる」行為を多面的に見つめ直す

日本の工芸の魅力を発信する工芸の祭典「GO FOR KOGEI」が、昨年に引き続き北陸を舞台に開催される。会期は9月17日〜10月23日。

「GO FOR KOGEI2021」大瀧神社・岡太神社での展示風景より、桑田卓郎《無題》 写真=方野公寛
前へ
次へ

 日本の工芸の魅力を発信する北陸工芸の祭典「GO FOR KOGEI」が今年も開催される。会期は9月17日〜10月23日。

 「GO FOR KOGEI」は、北陸を舞台に広域的なアートエリアの形成を目指し、北陸工芸の魅力を国内外に発信する取り組み。昨年の「GO FOR KOGEI 2021」では「工芸の時代、新しい日常」をテーマに、「現代アート化する工芸」と「デザイン化する工芸」のふたつの特別展を高岡、金沢、小松、越前で開催した。

「GO FOR KOGEI2021」大瀧神社・岡太神社での展示風景より、牟田陽日《渾々と》 写真=方野公寛

 今年の「GO FOR KOGEI 2022」では、メインプログラムとして特別展「つくる― 土地、くらし、祈りが織りなすものー」を開催する。世界で活躍する実力派から気鋭の若手まで総勢20名の作家が参加し、「つくる」という行為を、土地、くらし、祈りという観点から見つめ直し、工芸や現代アートといったジャンルを超えた、素材とものづくりの新たなあり方を紹介。工芸とアート、過去と現在、ローカルとインターローカルなど、それぞれの境界線の内側と外側から、縦横無尽に行き交う場所を創造するという。

「GO FOR KOGEI2021」那谷寺での展示風景より、田中信行《Inner side ーOuter side (連続する生命) 2021-N》 写真=方野公寛

 キュレーションは昨年に引き続き、東京藝術大学名誉教授で練馬区立美術館館長の秋元雄史と、株式会社artness代表の高山健太郎が担当する。会場設計は建築家・周防貴之。

 出展作家は以下の20名が発表されている。井上唯、入沢拓、鵜飼康平、小笠原森、樫尾聡美、鎌江一美、河合由美子、鴻池朋子、小曽川瑠那、小森谷章、近藤七彩、佐合道子、奈良祐希、新里明士、橋本雅也、福本潮子、細尾真孝、宮木亜菜、吉田真一郎、六本木百合香。

 開幕に先立ち7月にはシンポジウム「工芸再考―アート、ポリティックス、ジェンダーの視点から」を開催。世界における工芸の最新動向を専門家や作家を交えてひも解くという。