NEWS / EXHIBITION - 2017.2.24

新芸術校上級コースの成果展
五反田を中心に都内各所で開催

アートスクール「ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校」の上級コースの成果展「まつりのあとに」が、五反田アトリエと五反田展示室をメイン会場に、都内各所で開催される。

「まつりのあとに」展覧会ビジュアル

「まつりのあとに」展覧会ビジュアル

 作家・思想家の東浩紀が運営する株式会社ゲンロンが、カオス*ラウンジ代表で美術家・美術評論家の黒瀬陽平を主任講師に招き、2015年4月に開校した「ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校」。第2期では、「標準コース」と「上級コース」の2コースを開講した。

 本展は、文献精読と展覧会分析を中心に作品制作とキュレーションを同時に学んできた「上級コース」の成果展。19名の受講生と主任講師の黒瀬が共同キュレーションを担当し、1年にわたり一つの展覧会をつくり上げてきた。「まつりのあとに」という展覧会タイトルは、精神科医の木村敏が提唱する「祭りの後(ポスト・フェストゥム)」という時間感覚から着想を得ており、「祭りの最中」のような現代の狂騒的な風潮のなかでこそ、「祭りの後」の時間感覚を思い出すべきではないか、という思いが込められている。

 展覧会は、メイン会場であるゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエの「成果展」と、各受講生が、自らのテーマにふさわしい場所を会場に企画した7つの展示で構成。「成果展」とあわせて、2月26日深夜には、オールナイトイベントも開催される。