NEWS / EXHIBITION - 2020.5.1

国立科学博物館が非公開の剥製をVRで展示。VR博物館「THE WILDLIFE MUSEUM」をチェック

新型コロナウイルス感染拡大により現在閉館中の国立科学博物館が、在宅で楽しめるVR博物館「THE WILDLIFE MUSEUM」をスタート。これまで非公開だった標本収蔵庫に眠る貴重なコレクションを公開している。

VRゴーグルで見たアルガリの剥製のイメージ。近づくと標本ラベルが表示される
前へ
次へ

 新型コロナウイルス感染拡大により、現在閉館中の国立科学博物館。今回同館は、これまで非公開だった標本収蔵庫に眠る貴重なコレクションを、在宅で楽しめるVR博物館「THE WILDLIFE MUSEUM」として公開した。

 同館の地球館にある展示室「大地を駆ける生命」は、多くの哺乳類の剥製が立ち並ぶ人気の常設展。その剥製の大半が、いまは亡きハワイの実業家、ワトソンT.ヨシモト(1909~2004)より寄贈された約400点の「ヨシモトコレクション」の一部である。

国立科学博物館 地球館3階展示室「大地を駆ける生命」
広大なバーチャル空間に24体の動物剥製が展示されている

 今回始まったVR博物館では、そのヨシモトが1992年に開館した幻の私設博物館「WILDLIFE MUSEUM」をイメージし、VR空間に再現。建物内部に入ると、広大なバーチャル空間が開けており、現時点では24体の剥製が並ぶ。

 本企画は、3DビューとVRによる展示のため、実際の博物館の展示室では不可能なほど、目前まで近寄り、様々な角度から動物たちの体を好きなだけ観察できる。加えて、ヨシモトが博物館をつくるまでの自伝的な物語など、剥製の世界を深く理解して楽しむための解説も充実。今後も順次、新しい剥製が追加されていくという。

 ​なお、科博では「かはくVR」として、展示室全体をVR化したコンテンツも公開。話題を集めている。

ナイトモードではライトで照らしながら観察可能。迫力満点のナイトミュージアムだ
THE WILDLIFE MUSEUMのバーチャル展示室