NEWS / EXHIBITION - 2019.11.7

CTスキャンでミイラを調査。「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」が全国8都市で開催

2020年4月25日より、福岡の九州国立博物館を皮切りに全国8都市で「古代エジプト展」が開催。オランダ・ライデン国立古代博物館が所蔵する古代エジプトのコレクションから、人間や動物のミイラ、棺などを含む約250点で構成され、最新の研究成果を発表する。

 

ホルの外棺 後期王朝時代 202×70×70cm ライデン国立古代博物館蔵 (c)Rijksmuseum van Oudheden (Leiden, the Netherlands)

 世界最古の国立博物館のひとつと言われるオランダ・ライデン国立古代博物館。大英博物館、 ルーヴル美術館と並ぶ質と量を誇る同館のエジプト・コレクションが、この春から来日する。2020年4月25日より、福岡の九州国立博物館を皮切りに、日本全国8都市を巡回する。

ライデン国立古代博物館

 本展では約2万5000点にのぼるコレクションの中から、人間や動物のミイラ、棺、ヨーロッパの調査団などによる遺跡のスケッチや写真、石碑、さまざまな副葬品の数々など、約250点が展示。また、本展に出品されたミイラを最新のCTスキャン技術を用いて調査、その成果を世界初公開する。

アメンテプの棺 第3中間期 185×50×61cm ライデン国立古代博物館蔵 (c)Rijksmuseum van Oudheden (Leiden, the Netherlands)

 会場内は、近年新装されたライデン国立古代博物館をイメージし、特別に12点の棺(5セット10点の棺、 覆い2点)を縦に起こした状態で展示。迫力のある空間で、最新技術により判明した当時の人々の生活や美意識、またヨーロッパにおける古代エジプトへの関心と研究の沿革を辿る。