NEWS / EXHIBITION - 2019.1.10

仙厓や蘆雪、若冲のユーモラスな作品に出会う。府中市美術館で「へそまがり日本美術」展が開催

江戸絵画を中心とした「へそまがりな感性」による作品の数々を紹介する展覧会「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」が府中市美術館で開催される。会期は2019年3月16日〜4月14日(前期)、4月16日〜5月12日(後期)。

海北友雪 雲竜図襖 紙本墨画 17世紀前半 麟祥院

海北友雪 雲竜図襖 紙本墨画 17世紀前半 麟祥院

 「へそまがりな感性」をテーマに、江戸絵画から現代のヘタウマ漫画までの「もうひとつの美術史」をたどる展覧会が、府中市美術館で開催される。 

 本展では中世の水墨画までさかのぼり、「へそまがり」な絵画の数々を紹介。破天荒な水墨画で知られる雪村の《寒山図》や、江戸時代の禅僧・白隠慧鶴による《すたすた坊主図》に見られる人物のほか、「ヘタウマ」な動物たちの姿にも焦点を当てる。

長沢蘆雪 猿猴弄柿図 絹本着色 18世紀後半 個人蔵

 また、「奇想の画家」の作品も多数登場。動物の特徴をとらえて描いた長沢蘆雪や、都落ちする帝の切なさを繊細な線で描いた曽我蕭白の作品をはじめ、伊藤若冲が力を抜いて描いた様子が伝わる《福禄寿図》《伏見人形図》などが一堂に会する。

伊藤若冲 福禄寿図 紙本墨画 18世紀後半 個人蔵

 それに加え、今回は仙厓が最晩年を過ごした博多・幻住庵の《豊干禅師・寒山拾得図屛風》、京都・麟祥院の《雲竜図襖》の2つの大作が展示。子虎や竜が描かれた名刹の作品を、東京で見ることができる。

仙厓義梵 布袋図 紙本墨画 1818 個人蔵

 本展ではこうした江戸時代の絵画に加え、アンリ・ルソーの作品や、江戸幕府の三代将軍・徳川家光による絵画も紹介。必ずしも完璧とは言えないが、思わず心惹かれる「へそまがり」な作品の数々から、新たな日本美術の味わい方が見えてくるかもしれない。