2018.7.1

道後で「坊っちゃん」ワールドを
発見。祖父江慎、梅佳代、浅田政志、
三沢厚彦ら参加の展覧会が開催

夏目漱石の「坊っちゃん」をテーマにした企画展が愛媛県美術館で開催される。参加作家は同県で開催中の「道後オンセナート2018」にも参加している祖父江慎、梅佳代、浅田政志、三沢厚彦の4名。会期は6月30日~9月2日まで。

浅田政志 「坊っちゃんアイ2018」より 2018 ©Masashi Asada
前へ
次へ

 夏目漱石が頻繁に通ったことから「坊っちゃん湯」としても親しまれている愛媛県松山市・道後温泉本館。その道後を舞台に開催されている「アートにのぼせろ〜温泉アートエンターテイメント〜」をテーマにしたアートフェスティバル「道後オンセナート 2018」の参加作家のなかから4名が、夏目漱石の小説『坊っちゃん』をテーマにした作品を愛媛県美術館で発表する。

 参加作家のうち、ブックデザイナー・アートディレクターの祖父江慎は本展全体のディレクションも担当。漱石の書き間違えもあえてそのまま活かした無修正版『心』を発表した祖父江がどのような展示を見せるのか注目したい。

祖父江慎 坊っちゃん本棚 2018 Photo by Tadashi Nakamura

 「男子」シリーズ、「女子中学生」シリーズなどに見られるように、日常の中に潜んでいる様々な光景を独自の観察眼で捉えた作品で知られる写真家の梅佳代は、市内の中学校の野球部男子生徒を「坊っちゃんたち」として活き活きととらえた作品を発表する。

梅佳代 坊っちゃんたち 2017 ©Kayo Ume

 いっぽう、写真家の浅田政志は『坊っちゃん』の名シーンや登場するアイテムをユーモアを交えた視点で撮り下ろす。

浅田政志 「坊っちゃんアイ2018」より 2018 ©Masashi Asada 

 そして動物を等身大の木彫で表現する「アニマルズ」シリーズで知られる彫刻家の三沢厚彦は、『坊っちゃん』にも登場する猫や漱石をモチーフにした新作を発表する。

三沢厚彦 Cat2014-02 2014 Photo by Ken Kato ©Atsuhiko Misawam Courtesy of Nishimura Gallery

 アートフェスティバル「道後オンセナート 2018」とあわせて、漱石も愛したという道後の魅力と、これまでにない「坊っちゃんワールド」を楽しんでみてはいかがだろうか。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。