NEWS / EXHIBITION - 2018.1.13

金沢21世紀美術館が地元の繊維業を紹介する展覧会シリーズ。第一弾はうすくてかるいトラベルギア

金沢21世紀美術館のデザインギャラリーで、金沢周辺の繊維産業に焦点を当てる展覧会シリーズ「ローカル・テキスタイル」が開催される。第一弾となる本展では「カジグループ」によるトラベルギアブランド「TO&FRO」を紹介。会期は2017年11月18日〜2018年4月8日。

展示風景 撮影=木奥惠三

展示風景 撮影=木奥惠三

 金沢21世紀美術館はデザインギャラリーにて、2017年11月より3回にわたって展覧会シリーズ「ローカル・テキスタイル」を開催予定。本展覧会シリーズでは藩政時代から繊維業が盛んであった金沢周辺の地域の特色を踏まえ、デザインの力やイノベーションで新たな時代を切り開く地元の繊維業を紹介する。

提供=カジレーネ株式会社

 第一弾となる本展では、金沢市、かほく市で展開する会社「カジグループ」のトラベルギア(旅行用品)ブランド「TO&FRO」を取り上げる。1934年創業の「カジグループ」はグループ内で機械設備製造、加工糸製造、織物製造など分業し、非常に細い糸にも均一なテンションをかけ織ることのできる技術を磨いてきた。その技術による薄くて軽いナイロンの生地は、世界中のアウトドアブランドやスポーツ製品にも使用されるなど、高く評価されている。

TO&FRO 撮影=木奥惠三

 「TO&FRO」はこの生地を使ったオーガナイザーなどを扱う自社ブランドで、2014年より展開している。本展ではその製品のほか、様々な布のサンプルを展示する。

 なお、本展の開催にあわせ、同館ミュージアムショップでは「旅フェア」を行い、同館のテーマカラーであるオレンジ色を使った「TO&FRO」のオーガナイザーが販売される。