AdvertisementAdvertisement
2024.2.1

2月に注目したい展覧会ベスト12

2024年2月に開幕する展覧会のなかから、とくに注目したいものを編集部がピックアップしてお届けする。 *最新情報は各館公式サイトをご確認ください。

「村上隆 もののけ 京都」(京都市京セラ美術館、2024)展示風景
©︎2024 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved.
前へ
次へ

名監督の作家性の由来を探る。「ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし / Wim Wenders’s Lucid Gaze」(N&A Art SITE)

ヴィム・ヴェンダース 少年 1991 紙、HDプリント 36.4×51.5cm ©️Wim Wenders/Kazutomo

 第76回カンヌ国際映画祭に出品し、主演を務めた役所広司が最優秀男優賞を受賞した最新作『PERFECT DAYS』でも国内外から注目を集めるヴィム・ヴェンダース。その個展「ヴィム・ヴェンダースの透明なまなざし 」が、東京・目黒のN&A Art SITEで開幕した。会期は3月2日まで。

 本展では、ヴェンダースが「究極のロードムービー」と称する『夢の涯てまでも』(1991)のクライマックスシーンから生み出された、鮮烈な色彩の電子絵画作品「Electronic Paintings」を展示。

 『夢の涯てまでも』の制作の過程で、ヴェンダースは8ミリフィルム、16ミリフィルム、ビデオ画像、写真、ドローイングなどのアナログデータをデジタルデータに変換したときに、見たこともない絵のような幻影を偶然発見したという。これらのイメージに主演俳優らの写真を撮影・合成し、新たな視覚表現をつくり上げたのが「Electronic Paintings」だ。ほかにも『パリ、テキサス』ロケ時にヴェンダースが撮影したアメリカ中西部の風景写真「Written in the west」シリーズも紹介されている。

会期:2024年2月1日〜3月2日
会場:N&A Art SITE
住所:東京都目黒区上目黒1-11-6
開館時間:12:00〜17:00 
休館日:日月祝 
料金:無料

ピーナッツ・ギャングたちの「旅」を追う。企画展「旅するピーナッツ。」(スヌーピーミュージアム)