AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

磯村暖+海野林太郎「Special Exhibition」

2021.12.10 - 12.26

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

磯村暖×海野林太郎 「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」より 2021

 EUKARYOTEでは、磯村暖と海野林太郎による特別展示を開催。現在、台湾の国立台湾美術館で催されている「Phantasmapolis – 2021 Asian Art Biennial」にて、2人が発表する合作作品のシリーズ「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」を展示している。

 磯村は1992年東京都生まれ。2016年東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2017年ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校第2期卒業(卒業時金賞受賞)。平面、立体、映像、インスタレーション、パフォーマンス、サウンドなど表現は多岐にわたる。近年の主な個展に、「OFF THE SIDELINE」(EUKARYOTE、東京、2020)、「んがんたんぱ」(銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM、東京、2020)、「Good Neighbors」(オン・サンデーズ、東京、2017)などがある。

 海野は1992年東京都生まれ。2018年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。自身の経験から宗教的イコンやヴィデオゲームなどをモチーフに、近年は「死をいかに超えていくか」に傾注し、映像やインスタレーションを制作している。個人での作品発表に並行してマテリアルショップ「カタルシスの岸辺」のメンバーとしての活動や、楽曲のMV制作も行う。近年の主な個展に「What You See is What You Get」(EUKARYOTE、東京、2021)、「風景の反撃 / 執着的探訪」(トーキョーアーツアンドスペース本郷、東京、2019)などがある。

 本展で展示される「硬化剤の夢 浮動するサイネージ」は、人体彫刻に接合された高速回転するLEDブレードによって映像が浮かび上がり、様々な鑑賞体験をもたらす。