EXHIBITIONS

特別展「ポンペイ」

辻音楽師 モザイク ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

バックス(ディオニュソス)とヴェスヴィオ山 フレスコ ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

ビキニのウェヌス 大理石(彩色と金装飾の痕跡あり) ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

ブドウ摘みを表わした小アンフォラ(通称「青の壺」) カメオ・ガラス ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

エメラルドと真珠母貝のネックレス 金(鋳造、圧延、フィリグリー)、真珠母貝、エメラルド ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

踊るファウヌス ブロンズ ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

猛犬注意 モザイク ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

葉綱と悲劇の仮面 モザイク ナポリ国立考古学博物館蔵 Photo © Luciano and Marco Pedicini

 東京国立博物館 平成館で特別展「ポンペイ」が開催される。ポンペイ出土の膨大な遺物を収蔵するナポリ国立考古学博物館のコレクションがかつてない規模で来日し、2000年前に繁栄した都市と、そこにいた住民たちの息吹を体感する展覧会。

 紀元後79年、イタリア・ナポリ近郊のヴェスヴィオ山の大規模な噴火により埋没した古代ローマの都市、ポンペイ。火山灰で埋没した古代の居住地には、当時の人々の生活空間と家財がそのまま封印され、この「タイムカプセル」の中身を解き明かすべく、ポンペイでは18世紀から現在に至るまで発掘が続けられている。

 ナポリ国立考古学博物館は、18世紀にナポリ王カルロ7世が進めたポンペイ遺跡・ヴェスヴィオ地区発掘調査による出土品と、その母エリザベッタから受け継いだファルネーゼ・コレクションを中心に、 王立博物館として1816年に開館。60年のイタリア統一に伴い国に移管され、現在に至る。

 本展では、ナポリ国立考古学博物館のコレクションより、壁画、彫像、工芸品の傑作から、食器、調理具といった日用品まで発掘品約150点が集結。「ポンペイの街:公共施設と宗教」「ポンペイの社会と人びとの活躍」「人びとの生活:食と仕事」「ポンペイ繁栄の歴史」「発掘の今むかし」の5章で展示を構成し、2000年前の都市社会と豊かな市民生活をよみがえらせる。

 会場には、古代都市の生活空間を体感できる邸宅「ファウヌスの家」や「竪琴奏者の家」「悲劇詩人の家」の一部再現展示も。また、CGを駆使した映像で、ヴェスヴィオ山噴火や、ナポリ国立考古学博物館で修復が進むモザイク画「アレクサンドロス大王のモザイク」などを紹介する。