EXHIBITIONS

豊島区立トキワ荘マンガミュージアム特別企画展

トキワ荘の少女マンガ

豊島区立 トキワ荘マンガミュージアム
2021.09.18 - 12.05

「トキワ荘の少女マンガ」フライヤー © 手塚プロダクション © 水野英子

手塚治虫 エンゼルの丘 © 手塚プロダクション

寺田ヒロオ にらめっこ © 寺田ヒロオ

森安なおや お母さん © 森安なおや

石ノ森章太郎 龍神沼 © 石森プロ

赤塚不二夫 まつげちゃん © 赤塚不二夫

水野英子 銀の花びら © 水野英子

よこたとくお ミーちゃんふたり © よこたとくお

山内ジョージ エリカ © 山内ジョージ

トキワ荘マンガミュージアム 外観

トキワ荘マンガミュージアム 再現部屋

 豊島区立トキワ荘マンガミュージアムが特別企画展「トキワ荘の少女マンガ」を開催している。

 かつて豊島区椎名町(現・南長崎)にあったトキワ荘は、手塚治虫をはじめとするマンガの巨匠たちが住み集い、若き青春の日々を過ごした伝説のアパート。トキワ荘のマンガ家は多くが男性だったが、じつはほぼ全員が少女マンガを描いていた。

 本展では、手塚治虫が入居し、山内ジョージがトキワ荘を去った「1953年から1962年」に焦点を当て、トキワ荘の各マンガ家による少女マンガの一部を、直筆・複製原稿や掲載誌・単行本、そして新たに調査した作品リストとともに展示する。

 出展作家は、手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子・F・不二雄、森安なおや、石ノ森章太郎、赤塚不二夫、水野英子、よこたとくお、山内ジョージの9名。

 また、当時の少女向け雑誌で作家たちがどのように活動していたのか、その状況などもあわせて紹介。少女マンガ編集者であり『少女クラブ』編集長でもあった丸山昭とマンガ家たちの絆や、「いずみあすか」「U・マイア」名義の合作マンガも公開する。