EXHIBITIONS

2021年宇宙の旅 モノリス

_ウイルスとしての記憶、そしてニュー・ダーク・エイジの彼方へ

2021.02.19 - 04.25

ピエール・ユイグ 100万年王国 2001 石川文化振興財団蔵

プロトエイリアンプロジェクト(Proto-A) FORMATA 2020

プロトエイリアンプロジェクト(Proto-A) FORMATA 2020

ダレン・アーモンド Intime(4×2) 2014

ネリ・オックスマン Mushtari : Jupiter’s Wanderer 2014 作家蔵

森万里子 トランスサークル 2004

ジェームズ・ブライドル Se ti sabir 2019 作家蔵

オノデラユキ Darkside of the Moon No.1 2020

アニッシュ・カプーア Syphon Mirror- Kuro 2008

赤瀬川原平 宇宙の罐詰 1964/1994 Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

 GYREとスクールデレック芸術社会学研究所の企画による展覧会「2021年宇宙の旅 モノリス_ウイルスとしての記憶、そしてニュー・ダーク・エイジの彼方へ」が開催される。キュレーションは飯田高誉(スクールデレック芸術社会学研究所所長)。

 本展は、人間とテクノロジーの関係、人類の進化をテーマにしたSF映画『2001年宇宙の旅』(1968)を案内役として、映画の時代背景である2001年から20年経過したいま、現代の諸問題を芸術作品によって探求する。

 出展作家は、赤瀬川原平(日本、1934〜2014)、アニッシュ・カプーア(イギリス、1954年〜)、ピエール・ユイグ(フランス、1962〜)、オノデラユキ(日本、1962〜)、森万里子(日本、1967〜)、ダレン・アーモンド(イギリス、1971〜)、ネリ・オックスマン(アメリカ、1976〜)、ジェームズ・ブライドル(アメリカ、1980〜)、プロトエイリアン・プロジェクト(Proto-A)の9組。

 宇宙を閉じ込めたトポロジカルな「宇宙の罐詰」、縄文の時空間を宇宙的マトリクスへワープさせる装置としての作品、宇宙でも人間が生きられるように臓器の機能を拡張するために作品化したコルセット、市場から見捨てられたキャラクターがジュール・ヴェルヌのSF小説さながら、月面を彷徨う映像作品、人間外の知性と生命を探求した作品、「時空間の歪み=磁場」の表象を内在させた作品、そして「月の裏側」という概念を永遠のメタファーとして存在論的問題を提示した作品などによって、現代における未来観を問いかける。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。