EXHIBITIONS

平子雄一「GIFT」

2021.01.23 - 02.27

平子雄一 Anchor 01 2020 © Yuichi Hirako

平子雄一 Gift 01 2020 © Yuichi Hirako

平子雄一 Seeding 01 2020 © Yuichi Hirako

平子雄一 Nonchooser 01 2020 © Yuichi Hirako

平子雄一 Soil 01 2020 © Yuichi Hirako

平子雄一 Tree ring 01 2020 © Yuichi Hirako

 人間と植物の境界線に対し、一石を投じるアーティスト・平子雄一の個展がKOTARO NUKAGAで開催される。

 平子は1982年岡⼭県⽣まれ。ウィンブルドン・カレッジ・オブ・アートで学ぶ。現在は東京を拠点に、植物や⾃然と⼈間の共存について、また、その関係性のなかに浮上する曖昧さや疑問をテーマとした作品を制作。ペインティングを中⼼に、ドローイングや彫刻、インスタレーション、サウンドパフォーマンスなど、表現⼿法は多岐にわたる。

 平子は、観葉植物や街路樹、公園に植えられた植物といった、⼈によってコントロールされている植物を「⾃然」と定義することへの違和感をきっかけに、現代社会における⾃然と⼈間との境界線を、作品制作を通して追求。自身の作品のなかで自然や植物を人や構造物と同等に扱い、「人間の生活圏では植物の力がコントロールされ、必要ないものは排除される存在(=弱者)ですが、それらを同じレベルのものとして扱い混在させることで、人と植物の境界、内と外との境界が曖昧な状況を創造している」と語る。

 本展では、新作の絵画および彫刻作品30点以上を発表。絶え間なく変化を続ける自然環境に伴い、人々の自然に対する価値観も変容していくことに着目して制作された作品が並ぶ。

 新作のうち、大型の平面や立体作品も多数展示。平子がつくる寓話的な世界観を通し、私たちは自然に対して一方的な価値観を押しつけていないか、改めて考えたい。