EXHIBITIONS

せんだいメディアテーク クロノロジー 2001-2021

メインビジュアル

 今年で開館20年を迎えた、せんだいメディアテークの活動を振り返る展覧会「せんだいメディアテーク クロノロジー 2001-2021」が開催される。

 せんだいメディアテークは2001年にオープンした、「メディアの棚」の意味をもつ公共施設。情報社会に対応した生涯学習のための新しい場を生み出すことを目指して設計され、東日本大震災以降は、被災地の公共施設として、人々や情報のもつ力をつなぐ「結節点(ノード)」となるべく歩んできた。

 本展では、オープンから20年間の歩みを「クロノロジー(年表)」にまとめて紹介するとともに、クロノロジーを通じ、せんだいメディアテークがこれからも新しい可能性に出会える場であり続けるための方法を、来場者とともに考える。