EXHIBITIONS

EVERYDAY HOLIDAY SQUAD「Wall Art Drawing」

TS4312
2020.03.13 - 03.29

©︎ EVERYDAY HOLIDAY SQUAD Photo by KABO

 アートチーム・EVERYDAY HOLIDAY SQUADの個展「Wall Art Drawing」が東京・新宿のTS4312で開催中。本展では、EVERYDAY HOLIDAY SQUADが「Reborn-Art Festival 2019」で建設した美術館「Museum of Wall Art」の館内に展示された、ドローイングシリーズを公開している。

 EVERYDAY HOLIDAY SQUADは複数人のアーティストによって構成。ストリートカルチャーの視点から都市空間やそこにあるルールに介入していく、遊び心溢れたアート作品を制作している。2017年の「Reborn-Art Fesitval」では、夜間工事現場の程をなす野外スケートパークをつくり出す作品を発表。19年は「Kyoto-Re:Search」にて、京都府京丹後市の最北端にある経ヶ岬灯台のレンズに、巨大な目玉を取り付け、灯台を周囲を監視する巨大なサイクロプスに見立てる作品を展開した。

「Museum of Wall Art」は、東日本大震災における津波被災をきっかけに石巻市牡鹿郡桃浦に建造された、壁に関するアートの美術館。EVERYDAY HOLIDAY SQUADの作品とともに、その内容はメキシコ壁画運動に始まって、バンクシーから蔡國強やマリーナ・アブラモビッチのパフォーマンスまで幅広く、「壁に関するアート」の記録や書籍が展示された。

 本展で紹介するドローイングシリーズは、世界中のアーティストがこれまで行った「壁に関するアート作品」の記録画であり、防潮堤と世界中の壁を文脈として結びつけ、防潮堤を未来のアートの場所として提案する。