EXHIBITIONS

窪之内英策展 絵空ゴト

~ぜんぶ、鉛筆とラクガキからはじまった~

大阪芸術大学 スカイキャンパス|04.19 - 05.15, 05.17 - 06.15

© 2019 EISAKU KUBONOUCHI/METEOR STREAMS

© 2019 EISAKU KUBONOUCHI/METEOR STREAMS

© 2019 EISAKU KUBONOUCHI/METEOR STREAMS

© 2019 EISAKU KUBONOUCHI/METEOR STREAMS

 日清食品カップヌードルのテレビCMシリーズ『HUNGRY DAYS』などでも話題を集めるクリエイター、窪之内英策の展覧会が開催されている。

 窪之内は1966年生まれ。『週刊少年サンデー』(小学館)掲載の『OKAPPIKI EIJI』でデビューし、代表作の『ツルモク独身寮』『ショコラ』は翻訳出版のみならず、テレビドラマ化されるなど国内外でも広く展開。青春期のゆらぎやときめきを、大胆な構図と鉛筆画の繊細なタッチで描写し、多くのファンを魅了している。

 現在はイラスト制作を中心に活動し、2017年より日清食品カップヌードルのテレビCM「HUNGRY DAYS」のキャラクターデザインを担当。最近では、パラリンピック競技の魅力をアニメを通して発信するNHKのプロジェクト「アニ×パラ あなたのヒーローは誰ですか」のアニメーション第2弾『パラ陸上競技』の原作・キャラクターデザインを手がけた。

 本展では、3000枚を超える膨大な原画とキャラクター設計時の貴重な資料などから厳選した原画・資料約800点が集結。会場内は撮影ができ、日清食品カップヌードルCMシリーズの上映や、作風の変化を見ることができる歴代マンガの原画も展示されている。

 また、来場者が自由に塗り絵できるコーナーも設置。自身の絵を「ラクガキ」と呼び、「すべての想像は、子供の頃のちょっとした絵空ゴトや、ラクガキからはじまっていく」という窪之内の思いに触れることができる。