• HOME
  • EXHIBITIONS
  • 竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション11 ―構成的…
EXHIBITIONS

竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション11 ―構成的ポスターの創成

株式会社竹尾 見本帖本店|03.04 - 03.14, 03.18 - 04.01

メインビジュアル

展示風景より

展示風景より

 ヨーロッパを中心にアメリカ、ロシア、日本など、主に20世紀のポスターが広く収める「竹尾ポスターコレクション」。竹尾稠(「株式会社 竹尾」代表取締役社長)が創業100周年記念事業の一環として、1997年にニューヨークの「ラインホールド・ブラウン・ギャラリー・ポスターコレクション」を購入したもので、98年より多摩美術大学グラフィックデザイン学科と共同して、コレクションの研究に取り組んでいる。

 また、2005年からは、コレクションの一部を紹介する展覧会シリーズ「竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション」を開催。11回目となる本展では、2018年に多摩美術大学アートテークでの展示を再構成する。

 会場に並ぶのは、1900年代から30年代のヨーロッパで制作されたポスター。これらを通して、同時代に起こった産業革命とアヴァンギャルド芸術の奔流の中で、ポスターデザインにどのような展開が見られたのかを探る。