EXHIBITIONS

驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ

安藤緑山 パイナップル、バナナ(牙彫) 清水三年坂美術館蔵

並河靖之 紫陽花図花瓶(七宝) 清水三年坂美術館蔵

旭玉山 銀杏鳩図文庫(木彫) 清水三年坂美術館蔵

宗金堂 象嵌銅香炉(金工) 清水三年坂美術館蔵

大竹亮峯 飛翔(木彫) 2017

 精巧にかたどられた野菜や果物、自在に動く動物や昆虫、精緻な装飾や細かなパーツで表現された器やオブジェなど、近年注目される明治工芸。主に輸出用としてつくられた七宝、金工、牙彫、木彫、漆エ、刺繍絵画といった、これまでアカデミックな美術史の世界では目を向けられなかった工芸作品が里帰りし、多くの人を驚かせた。

 2014〜15年にかけては、東京の三井記念美術館を皮切りに全国6会場で「超絶技巧! 明治工芸の粋」展が開催。以後、「超絶技巧」というキーワードは広く浸透し、いま明治工芸の再評価がなされている。

 その続編となる「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」では、前回に続いて村田理如による清水三年坂美術館のコレクションを中心に、近年の調査で確認された明治工芸の優品が集結。さらに、明治工芸と、工人たちの技を受け継ぐ機知に富んだ現代作家たちの作品が競演する。