EXHIBITIONS

最後の名もなき実昌展(平成)

オン・サンデーズ|02.02 - 03.06

名もなき実昌 低画質地獄 2018

名もなき実昌 ドローイング作品

名もなき実昌 版画作品

 主にインターネットやSNS上で作品発表を行うアーティスト「名もなき実昌」の東京初個展が開催される。

 名もなき実昌は1994年生まれ。2013年よりTwitterで取得したアカウント名で活動し、インターネットにおける人格や画像と、アニメキャラクターの類似性をテーマに作品を制作。ペインティングやドローイングを中心に、画像的に解体されたキャラクターが「幽霊的」に偏在するイメージを描き続けている。

 近年では「パープルーム大学 尖端から末端のファンタジア」(ギャラリー鳥たちのいえ、2017) 、カオス*ラウンジ新芸術祭2017 市街劇「百五〇年の孤独」(福島県泉駅周辺、2017〜18)などの企画展への参加や、個展「@sanemasa5xさんは、2013年4月からTwitterを利用しています」を初開催し、リアルなアートシーンでの表現にも取り組んでいる。

 本展では「最後の名もなき実昌展(平成)」と題し、かわいらしさと不気味さが植物のように群生する近年のペインティング9点とともに、最新作の版画、ドローイングなど30点を実際に展示する。