EXHIBITIONS

土田泰子展

導~ Whereʼ s a will,thereʼ s a way

平塚市美術館|12.07 - 04.06

土田泰子 けじめ~女人ルーティーン~ 2016

土田泰子 starline 2017

土田泰子 超BLEND~push beyond one’s limit~ 2016

土田泰子 掴~頂きたくて~ 2012

 安全ピンやマドラー、温度計など日用品を使い、抽象的な立体作品を制作する気鋭のアーティスト・土田泰子の展覧会が開催されている。

 土田泰子は1985年福井県生まれ。2007年名古屋芸術大学デザイン学部を卒業後、朝日現代クラフト展準グランプリ・阪急百貨店賞や、フランク・ミューラー・アート・グランプリ「求ム。創造の天才。」など入賞を重ね、幅広く国内外で活躍。素材やサイズ、パーツの個数にいたるまで、自身の深い洞察に基づいてすべてに意味を込め、素材一つひとつを丁寧に作品としてかたちづくっている。

 本展では、陽光の降り注ぐ高さ11メートルのテーマホールを舞台に、土田が約30年の活動で積み重ねた経験から導かれた、意志を宿す作品群を展示する。