EXHIBITIONS

ポーラ美術館 × ひろしま美術館 共同企画

印象派、記憶への旅

ポーラ美術館|03.23 - 07.28

クロード・モネ セーヌ河の朝 1897 ひろしま美術館蔵

フィンセント・ファン・ゴッホ ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋 1888 ポーラ美術館蔵

ジョルジュ・スーラ グランカンの干潮 1885 ポーラ美術館蔵

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ムーラン・ド・ラ・ガレットにて 1891頃 ポーラ美術館蔵

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック アリスティド・ブリュアン 1893 ひろしま美術館蔵

フィンセント・ファン・ゴッホ 草むら 1889 ポーラ美術館蔵

アンリ・マティス ラ・フランス 1939 ひろしま美術館蔵

 ポーラ美術館とひろしま美術館との共同企画展「印象派、記憶への旅」が開催される。

 ポーラ美術館とひろしま美術館は、それぞれ西洋の近代美術の展開をたどる上で重要な画家の重要な作品を収集してきた。質、量ともに充実した両館のコレクションには、特に印象派絵画に優れた作品が多く、戦後に形成されたフランス近代美術のコレクションとして国内外で高い評価を得ている。

 本展では、両館のフランス印象派の風景画を中心に、ドラクロワやコロー、ピカソ、マティスらの名品74点を一挙に公開。同時期の作品や同じモチーフを描いた作品も揃い、時系列で見比べながら、近代美術の巨匠たちの画業をたどることができる。

 また、最新の作品調査によって、これまで知られていなかったゴッホとマティスの制作過程や技法を紹介する。なお本展はひろしま美術館に巡回予定(2019年8月10日〜10月27日)。