EXHIBITIONS

世界のブックデザイン2017-18

印刷博物館|12.14 - 03.30

Klaus Beryer, Oliver Götze, Helmut Goldほか 『Das Buch der Nächte(夜の本)』(「ドイツのもっとも美しい本コンクール2018」入賞) デザイン=HDW -Neue Kommunikation 発行=Verlag Hermann Schmidt

Louwrien Wijersほか 『Claudy Jongstra(クラウディ・ヨングストラ)』(「オランダの最もすばらしい本コンクール2017」入賞) デザイン=Irma Boom 発行=nai010 publishers 

西野嘉章 『村上善男―玄々とした精神の深みに』( 「第52回造本装幀コンクール」経済産業大臣賞) デザイン=西野嘉章+山本浩貴 発行=玄風舎、東京大学総合研究博物館「インターメディアテク」

受賞図書 集合写真

 印刷博物館のP&Pギャラリーで毎年恒例となる「世界のブックデザイン」展。2018年3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書とともに、日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国の7ヶ国のコンクールで入賞を果たした図書を加えた、およそ200点が集まる。

 会場では、本を実際に手に取ることができ、世界最高峰のブックデザインと造本技術を楽しむことができる(発行数などが少ないなどの理由で入手困難な本があるため、受賞作の一部を展示)。また、11回目となる本展では、これまでの上位賞受賞図書を中心に、10回分のコンクールを振り返る。会期中には本づくりを体験できる製本ワークショップなども開催予定。