AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

イン・ア・ゲームスケープ

ヴィデオ・ゲームの風景、リアリティ、物語、自我

ハルン・ファロッキ パラレルⅠ-Ⅳ 2012-14 撮影=Philip SERVENT

山内祥太 ZONE EATER 2017

Playables(ミヒャエル・フライ&マリオ・フォン・リッケンバッハ) Plug & Play 2015

和田淳 マイエクササイズ 2017–19

 現代の文化としてのヴィデオ・ゲームは、文化庁メディア芸術祭においても顕彰の対象となり、また東京藝術大学大学院のゲームコース開設が記憶に新しい中、大きな影響を持つものとなっている。

 本展は、小規模のチームで制作される「インディ・ゲーム」と「ヴィデオ・ゲーム・アート」の2つの動向から、現代のヴィデオ・ゲームのあり方や、それらがつくり出す文化を検証。展覧会タイトルの「ゲームスケープ(Gamescape)」とは、ゲームから見た風景・社会という造語で、ヴィデオ・ゲームがそれぞれのプレイヤー、製作者にもたらす新たな世界観を表現している。

 出品作家は、アニメーション作家のミヒャエル・フライとゲームデザイナーのマリオ・フォン・リッケンバッハによるユニット「Playables」、アニメーション界で活動する和田淳、アーティストの山内祥太ら。