• HOME
  • EXHIBITIONS
  • ケビン・ガフニー「決して太陽が届かない場所」
EXHIBITIONS

ケビン・ガフニー「決して太陽が届かない場所」

CAI02|11.24 - 12.15

© Kevin Gaffney

© Kevin Gaffney

© Kevin Gaffney

 北アイルランド地方を中心とした様々な問題を、美しい映像で表現する美術家、映像作家のケビン・ガフニー。2011年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業し、14年にユネスコ・アッシュベルグ受賞作家として韓国の国立近代・現代美術館のチャンドンレジデンシーに滞在。15年には、アイルランド出身の美術家として初となるスカイ・アカデミー・アーツ奨学制度を受賞。現在、北アイルランドのアルスター大学に博士課程の研究員として在籍している。

 日本での4年ぶりの個展となる本展では、新作映画『決して太陽が届かない場所』を公開。セクシャリティを操作できる薬が政府によって認可された近未来を舞台とした本作で、ゲイ転換セラピー(同性愛者を正常に戻そうという試み)などの医学治療について間接的に言及しながら、教会や医学的専門家たちがどのようにLGBT、そして同性愛者たちを扱ってきたのか、その歴史について熟考する。